‘鳥類’

【意味】カナリアとは、スズメ目アトリ科の小鳥。羽色は黄色が基本だが、ヨーロッパで品種改良されさまざま。カナリヤ。金糸雀。

続きを見る »

【意味】ホトトギスとは、カッコウ目カッコウ科の鳥。全長約30センチ。日本には夏鳥として渡来する。杜鵑。時鳥。不如帰。ほととぎす。

続きを見る »

【意味】ブッポウソウとは、ブッポウソウ目ブッポウソウ科の鳥。全長約30センチ。体は青緑色で頭が黒く、くちばしと脚が赤い。日本には夏鳥として渡来し、冬に南方へ渡る。仏法僧。ぶっぽうそう。

続きを見る »

【意味】カワセミとは、ブッポウソウ目カワセミ科の鳥。全長約17センチ。頭から背にかけて瑠璃色、腹は栗色。くちばしが大きい。水辺に棲み、魚や昆虫を食べる。ショウビン。ソニドリ。川蝉。翡翠。かわせみ。

続きを見る »

【意味】ユリカモメとは、チドリ目カモメ科の水鳥。全長約40センチ。体は白く、くちばしと脚が赤い。頭部が夏羽で黒褐色、冬羽で白くなる。ミヤコドリ。百合鴎。ゆりかもめ。

続きを見る »

【意味】ムクドリとは、スズメ目ムクドリ科の鳥。全長約24センチ。黒褐色で、顔と腰に白い部分が混じり、くちばしと脚は橙黄色。椋鳥。むくどり。

続きを見る »

【意味】モズとは、スズメ目モズ科の鳥の総称。また、モズ科の一種。百舌。百舌鳥。鵙。もず。

続きを見る »

【意味】ひばりとは、スズメ目ヒバリ科の鳥。全長約17センチ。体は褐色で黒い縦斑があり、頭頂に冠羽をもつ。告天子。ヒバリ。雲雀。

続きを見る »

【意味】シジュウカラとは、スズメ目シジュウカラ科の小鳥。全長約15センチ。頭部は黒く、頬は白い。喉から尾まで黒い縦筋がある。四十雀。しじゅうから。

続きを見る »

【意味】うみねことは、チドリ目カモメ科の海鳥。全長約45センチ。体は白く、背と翼は灰色をしている。ウミネコ。海猫。

続きを見る »
gogen_allguideをフォローしましょう
INDEX
アーカイブ