‘実’

【意味】ザボンとは、ミカン科の常緑小高木。アジア南部原産。果皮は厚く、砂糖漬けにする。果肉は淡黄色で、やや苦味がある。文旦(ぶんたん)。朱欒。ざぼん。

続きを見る »

【意味】いんげん豆とは、マメ科の一年草。南アメリカ原産。豆ざやは長く、未熟果をさやごと、また熟した種子を食用とする。関西方言ではフジマメの別名。五月ささげ。菜豆。三度豆。インゲンマメ。隠元豆。いんげんまめ。

続きを見る »

【意味】あけびとは、アケビ科の蔓性落葉低木。山地に自生。春、淡紫色の小花が咲く。秋、楕円形の果実がなり、熟すと縦に裂け、果肉は甘く食べられる。アケビ。木通。通草。

続きを見る »

【意味】スダチとは、ミカン科の常緑低木。徳島県の特産。ユズの近縁。果実は酸味が強く、香気があり、調味料に使われる。酢橘。すだち。

続きを見る »

【意味】モモとは、バラ科の落葉小高木。中国原産。春に五弁または多重弁の花を咲かせ、夏に肉厚多汁の甘い果実を実らせる。桃。もも。

続きを見る »

【意味】オレンジとは、ミカン科の常緑小高木。また、その果実。インド原産。だいだい・ネーブル・夏みかんなど柑橘類の総称。スイートオレンジ。アマダイダイ。

続きを見る »

【意味】あんずとは、バラ科の落葉小高木。中国原産。早春、梅に似た花が咲く。実は梅より少し大きく、生食・ジャム・果実酒などにする。アプリコット。アンズ。杏子。杏。

続きを見る »

【意味】梨とは、バラ科ナシ属の落葉高木。花は白い五弁。秋、果皮に斑点のある実を結ぶ。ナシ。なし。

続きを見る »

【意味】枇杷とは、バラ科の常緑高木。中国原産。果樹として栽培するが、西日本の一部に野生種がある。ビワ。びわ。

続きを見る »

【意味】スモモとは、バラ科サクラ属の落葉小高木。中国原産。果実は生食するほか、ジャムや果実酒などにする。プラム。李。すもも。

続きを見る »
gogen_allguideをフォローしましょう
INDEX
アーカイブ